こゝろ ブックライブ booklive 電子書籍 読める


BookLive「ブックライブ」のこゝろ無料試し読み


「こゝろ」は後期三部作の終曲であるばかりでなく、漱石文学の絶頂をなす作品。自我の奥深くに巣くっているエゴイズムは、ここでぎりぎりのところまで押しつめられる。誠実ゆえに自己否定の試みを、自殺にまで追いつめなければならなかった漱石は、そこから「則天去私」という人生観にたどりつく。大正3年作。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved
続きはコチラ



こゝろ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


こゝろ詳細はコチラから



こゝろ


>>>こゝろの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」こゝろの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するこゝろを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はこゝろを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してこゝろを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」こゝろの購入価格は税込で「345円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホにダウンロードできるBookLive「こゝろ」は、お出かけの際の持ち物を軽くするのに有効だと言えます。カバンの中などに何冊もの本を詰め込んで持ち運ぶようなことをせずとも、気軽にコミックを堪能することができるわけです。
売切れになった漫画など、売り場では取り寄せを頼まなくては読むことができない書籍も、BookLive「こゝろ」形態で様々販売されているため、スマホのボタンを操作するだけでゲットして閲覧可能です。
「ある程度中身を知ってから買いたい」という考えを持っている人からすれば、無料漫画と言いますのはメリットの大きいサービスだと言えるでしょう。販売側からしましても、利用者数増加を望むことができます。
スマホ所有者なら、BookLive「こゝろ」をすぐに読めます。ベッドに寝そべりながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに満喫するという人が少なくないそうです。
利用者数が勢いよく増加中なのが話題となっているコミックサイトです。つい最近までは絶対単行本で買うという人が大概でしたが、電子書籍の形態で買って読むという利用者が増えているようです。


こゝろの詳細
         
作品名 こゝろ
こゝろジャンル 本・雑誌・コミック
こゝろ詳細 こゝろ(コチラクリック)
こゝろ価格(税込) 345円
獲得Tポイント こゝろ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス